© necograph All rights reserved.

万両の焼肉

201510/17

万両で迎える不惑の誕生日

今月15日は、40歳の誕生日でした。
40歳のことを「不惑」と言いますが、それは孔子の「論語」によるものなのだそうです。
「私は15歳で学問を志し、30歳で自分の足でしっかりと立ち独立独歩で学問の道を進む自信をもった。40歳にしてどんな問題が起きても心に迷いが生じなくなり、50歳で自分の使命が学問であることを知り安心立命の境地に達した。60歳で他人の言葉が素直に耳に入るようになり、70歳でしたい放題しても脱線することはなくなった」
と「論語」にあります。

どんな問題が起きても心に迷いが生じなくなる時など、果たして私にやってくるのでしょうか。
いや、おそらくやってこないと思います。

毎日の些細なことに一喜一憂しながらも、なんとか生きてきました。
今までこれといった大病を患うことなく元気でいられるのは、
育ててくれた母親と、大好きなハラミの焼肉と白ごはんのおかげです。

そんな焼肉好きの私のお祝いにと、妻が連れていってくれたのは、
大阪・南森町にある「万両」という焼肉屋さん。
到着すると、まだ早い時間にもかかわらず長蛇の列が。

予約してくれていたので、到着して間もなく席に通され、いやが上にも期待が高まります。
高まりすぎてゼェゼェハァハァが激しくなったところで、誕生日パーティーの始まりです。

開始早々、妻の号令の下でテーブルに大集結した上ロースや上タン、ユッケ達が、艶々した表情で私を見つめ、「誕生日おめでとう!明日からもがんばれよ!」という声を送ってきます。
私はその声援に応えるべく、妻に礼を言い、集まってくれた彼らに感謝。
かみしめる様にしっかりと明日への英気を養いました。

サシが入った良い肉を食べるたびに思うのですが、
最近は少し食べただけで、胃が満足してしまいます。
20代の頃のようにパクパク食べることができません。
「もう、そういう歳なんだな・・・」と切実に感じます。

月並みな表現ですが、とてもおいしかったです。
ごちそうさまでした!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20156/2

親しければ何言ってもいいのか!?

あるECサイトに携わらせていただいているのですが、 商品を受け取った方から「受け取った商品は娘からのプレゼントなんだが、シャツの色が気に入…

20157/9

また、マターですか!?

取引先での打ち合わせにて 「じゃ、その件についてはリスケということにしましょう!」 と言われ・・・ 私は「ん!?リスケ???」と、 …

201510/7

マヨネーズ瓶と2杯のコーヒー

「人生をどう歩んでいけばいいのか?」という難題に直面した時、この話はひとつの道標となるだろう・・・と、あるニュースサイトに紹介されたアメリカ…

ページ上部へ戻る