© necograph All rights reserved.

土用の鰻

20157/24

土用の丑の日の鰻

昔、母親に「どようのうしのひは、うなぎをたべるのよ」と聞かされ、
牛の土曜日って何だ?
牛があるなら馬の土曜日もあるのか!?
いや、虎の日曜日というのもあるのか!?
などと思い巡らせたものです。

物心ついてから「土用の丑」の意味を知ったのですが、
鰻を食べる習慣の由来については、恥ずかしながら最近知りました。

由来には諸説あるそうで、最も有力だといわれているのが「平賀源内発案説」なのだそうです。
その説によると、商売がうまく行かない鰻屋が、夏に売れない鰻を何とか売りたいと考え、平賀源内の所に相談に行ったといいます。そこで、源内は「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めたのだそうです。その結果、鰻屋は大変繁盛し、他の鰻屋もそれを真似るようになり、土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着したといいます。

閑話休題

土用だというので、食卓に鰻が並びました。
しかも鰻丼です。
なんと鹿児島県産です。
さらに「活」鰻です。
いつもより多めに噛んで、よーく味わって食べたのは、
言うまでもありません。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20156/2

親しければ何言ってもいいのか!?

あるECサイトに携わらせていただいているのですが、 商品を受け取った方から「受け取った商品は娘からのプレゼントなんだが、シャツの色が気に入…

201510/7

マヨネーズ瓶と2杯のコーヒー

「人生をどう歩んでいけばいいのか?」という難題に直面した時、この話はひとつの道標となるだろう・・・と、あるニュースサイトに紹介されたアメリカ…

20157/9

また、マターですか!?

取引先での打ち合わせにて 「じゃ、その件についてはリスケということにしましょう!」 と言われ・・・ 私は「ん!?リスケ???」と、 …

ページ上部へ戻る